くらし高齢化時代の相続税対策

「妻名義の預金は本当に妻のものか」を疑う税務署

広田龍介 / 税理士

 前回、相続税の調査は現金の動きを確認することがメインであることを説明したが、税務調査で一番目を付けられ、課税されやすいのは、実は配偶者の預貯金だ。やりくり上手な配偶者の方に改めて解説しておきたい。

調査では収入の有無、贈与の有無を聞かれる

 妻が2億円の預貯金を持っていた事例での相続税調査に携わったことがある。その際の国税局の質問、聞き取りのポイントは次のようなものだった。

 ・ご主人と結婚した時は、持参金はありましたか。

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1433文字)

広田龍介

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。