キャリアセンター ここだけの話!?

まだいる進路未定、内定辞退、卒業延期の4年生たち

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 この春大学を卒業する学生の就職内定率(昨年12月1日時点)が1月20日、発表された。まとめたのは文部科学省と厚生労働省。結果は前年同期比0.1ポイント増の80.4%で、5年連続の上昇だった。

 内定率を気にしない大学もあるが、内定率はその大学の就職の面倒見がいいかどうかの判断材料にもなる。だから無視はできない。

 発表数字を見て、同じ12月1日現在の自分の大学と比べてどうなのか。下回っていれば、さて、これから卒業式に向けて、どうやって追い込みをかけようか、ということになるし、上回っているからといって安心はできない。世間では「売り手市場」と言われ、全体的に昨年を上回る就職率になることが確実視されているからだ。

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文982文字)

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。