東芝問題リポート

<東芝不正>“暴走”社長に誰が鈴をつけるのか

編集部
  • 文字
  • 印刷
東芝の不正会計問題で新経営陣から提訴された歴代3社長。左端から西田厚聡氏、田中久雄氏、佐々木則夫氏=2013年2月26日、木葉健二撮影
東芝の不正会計問題で新経営陣から提訴された歴代3社長。左端から西田厚聡氏、田中久雄氏、佐々木則夫氏=2013年2月26日、木葉健二撮影

 東芝の不正会計問題をはじめ、過去の大企業の不正会計事件を振り返ると、社長、会長ら経営トップが深く関わっているケースばかりだ。2011年にオリンパス巨額損失隠し事件を月刊誌でスクープした経済ジャーナリストの山口義正さんに聞くインタビューの2回目は、不正とトップとの関わりがテーマとなった。【聞き手は今沢真・経済プレミア編集長、写真は川村彰】

 −−東芝は、歴代3社長が部下に「チャレンジ」を求め、強引に利益を上積みさせていました。山口さんがスクープしたオリンパス事件の場合は、過去に財テクなどで生じた損失を、当時の会長や副社長らが隠していました。カネボウの場合も、当時の社長が粉飾を続けていた。必ず経営トップが絡んでいます。トップの暴走をどう抑えたらいいのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り2823文字(全文3156文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz