最適メディアライフ

「学割競争でスマホ漬け」親の心配子は知らず

北俊一・野村総合研究所上席コンサルタント
  • 文字
  • 印刷
東京都内で2015年12月1日、関口純撮影
東京都内で2015年12月1日、関口純撮影

 毎年恒例、携帯電話事業者の年度末商戦が盛り上がってきた。各社が1月中旬に相次いで打ち出したのが、学生を取り込むための「学割」競争だ。今回のキャンペーンの特徴は、通信料金の割引特典に加え、毎月6GB×36カ月などのデータ増量特典があること。大量にデータを消費する学生は大歓迎だろうが、親としては、この盛り上がりに一言クギを刺しておきたい。

 筆者には中学3年の娘がいる。「スマホばかりいじってないで勉強しなさい!」「食事中はスマホはやめなさ…

この記事は有料記事です。

残り2284文字(全文2503文字)

北俊一

野村総合研究所上席コンサルタント

1965年、横浜市生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修了。90年株式会社野村総合研究所入社。四半世紀にわたり、情報通信関連領域における調査・コンサルティング業務に従事。専門は、競争戦略、事業戦略、マーケティング戦略立案及び情報通信政策策定支援。総務省情報通信審議会専門委員。