メディア万華鏡

「反乱、混乱、謝罪」SMAP解散騒動の諸行無常

山田道子・毎日新聞紙面審査委員
  • 文字
  • 印刷
SMAPの分裂騒動を報じたスポーツ各紙=2016年1月18日撮影
SMAPの分裂騒動を報じたスポーツ各紙=2016年1月18日撮影

 SMAPの解散騒動は「テレビでの公開処刑」と言われるほど後味悪く収まった。

 芸能スキャンダルに冷たい一般紙もこの騒動は大きく扱った。SMAPに全く関心はないが、なぜこんなに大騒ぎするのか分かるかもしれないと考え、メディアがどう取り上げ、誰がどんなことを言うかウオッチした。

 毎日新聞は全国紙で唯一、「SMAP存続宣言」を1月19日の朝刊1面で取り上げた。社会面では居酒屋のテレビで番組を見ていたという東京都江東区の会社員(49)の言葉、「キムタクも他の4人も結局我々サラリーマンと同じ。会社を出て仕事ができる自信がないのだろう」を紹介した。

この記事は有料記事です。

残り1602文字(全文1873文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

山田道子

毎日新聞紙面審査委員

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞入社。浦和支局(現さいたま支局)を経て社会部、政治部、川崎支局長など。2008年に総合週刊誌では日本で一番歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長を経て15年5月から現職。