しゅーかつ日記

突然のグループディスカッション「やばい!」

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
大勢の学生で会場がいっぱいになった「マイナビ就職EXPO」=2015年3月3日、野田武撮影
大勢の学生で会場がいっぱいになった「マイナビ就職EXPO」=2015年3月3日、野田武撮影

2015年3月3日(火) いきなりグループディスカッション(GD)!

 「(IT系企業)I社、GD。学園祭の出し物がテーマ。なかなか疲れた。できることはした!」

 小島舞子さん(現私大文系4年)は昨年3月3日、IT系のI社の説明会に行った。すると、いきなりGD(グループディスカッション)が始まった。おいおい何も準備してないよーー。

 I社は経団連会員企業ではないので採用日程の指針に従う必要はない。もっと早く説明会を開いてもいいのだ…

この記事は有料記事です。

残り995文字(全文1209文字)

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。