東芝問題リポート

会社を救う3原則「逃げない・隠さない・うそつかない」

編集部
  • 文字
  • 印刷
NPO法人「広報駆け込み寺」代表の三隅説夫さん。手前は今沢真・経済プレミア編集長
NPO法人「広報駆け込み寺」代表の三隅説夫さん。手前は今沢真・経済プレミア編集長

 安田生命(現明治安田生命)で17年間広報責任者を務めた三隅説夫・NPO法人「広報駆け込み寺」代表は、企業や自治体、学校の広報担当に、広報の三つの原則を繰り返し、口を酸っぱくして説明している。三隅さんインタビューの最終回は、「逃げない隠さないうそをつかない」の原則について聞きました。【聞き手・今沢真経済プレミア編集長、写真・亀井和真】 

 −−東芝は今回の不正について初めから今まで「不適切会計」と言っています。

 ◆三隅説夫さん 粉飾ですね。見苦しいです。広報の原則は「逃げない、隠さない、うそをつかない」です。腹をくくってね、言うべきことは言う。僕は分けるべきだと思うんですね。言えるべきことはこれ、言えないことは……。

この記事は有料記事です。

残り2691文字(全文3002文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz