しゅーかつ日記

最終面接で落ちると「かなりダメージ」立ち直れない

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
公開された求人票を見る女子学生=1990年、早稲田大で
公開された求人票を見る女子学生=1990年、早稲田大で

2015年4月9日(木) 何もわかってない、意味わからない……

 昨年、とんとん拍子で通信系I社の選考を進んだ小島舞子さん(22歳、首都圏中堅私大4年)。4月に入ってすぐ、I社役員の最終面接に臨んだ。これで内定をもらえれば、あとは本命企業1本に絞れるはずだ……。

 その最終面接、目の前に10人ほどの役員がズラリと並んだ。それほど緊張せず、しっかり話せたと思う。自信はあったが、不安は残る。家にいると、「企業説明会に行かないの?」と、心配した母が声を掛けてくれるのが面倒くさい。日記にこう書いた。

 「母にむかつく。就活を何も理解していない。やることやってるって言い張れるぐらいやってるのに、まるで…

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1308文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。