東芝問題リポート

東芝1万人リストラで来期V字回復の「タヌキ算」

編集部
  • 文字
  • 印刷
第3四半期決算について会見する東芝の室町正志社長=2016年2月4日、亀井和真撮影
第3四半期決算について会見する東芝の室町正志社長=2016年2月4日、亀井和真撮影

 日本の事業会社で史上最悪の赤字額は、日立製作所が2009年3月期連結決算で計上した7873億円の最終(当期)赤字だ。半導体事業の業績悪化や円高による為替差損拡大で赤字が膨らんだ。パナソニックも12年3月期に最終赤字7721億円を出した経験がある。

 同じ電機業界であり、東芝と並び立つ日本を代表する会社だ。長年、韓国や中国企業との競争激化で業績悪化に苦しんできたことも共通する。

 東芝も16年3月期決算で7100億円の連結最終赤字を見込む。ただし、子会社の米原子力大手ウェスチングハウスの「のれん」の減損処理が現実味を増している。これが加われば、日立製作所を抜いて過去最悪の赤字額になる可能性が十分にある。

この記事は有料記事です。

残り2567文字(全文2870文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz