演説中、右翼少年に短刀で刺された浅沼稲次郎・社会党委員長=東京・日比谷公会堂で1960年10月12日、長尾靖撮影
演説中、右翼少年に短刀で刺された浅沼稲次郎・社会党委員長=東京・日比谷公会堂で1960年10月12日、長尾靖撮影

社会・カルチャー青春小説の系譜

大江健三郎「セヴンティーン」こじらせ10代のパンク

鶴谷真 / 毎日新聞学芸部記者

 1960(昭和35)年10月12日午後3時ごろ、浅沼稲次郎・社会党委員長が、東京・日比谷公会堂で演説中に右翼の少年に刺殺された。聴衆約1000人の眼前の凶行だった。この年の6月15日には日米安全保障条約改定に反対する全学連主流派デモ隊が国会に突入し、東大生・樺(かんば)美智子さんが亡くなった。

 翌61年1月、文芸誌「文学界」に載ったのが大江健三郎さんの短編小説「セヴンティーン」である。<今日はおれの誕生日だった、おれは十七歳になった、セヴンティーンだ>。こう書き起こされる。

 主人公の「おれ」は<自瀆(じとく)の名手>を自認し、劣等感とないまぜの自意識が爆発せんばかりの高校…

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文1876文字)

鶴谷真

鶴谷真

毎日新聞学芸部記者

1974年、神戸市出身。2002年毎日新聞社に入社し、岡山支局、京都支局を経て08年に大阪本社学芸部。13年秋から東京本社学芸部。文学を担当している。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ミンスク駅前広場に今も建つレーニン像。背後のビルもスターリン的(写真は筆者撮影)

ミンスクの街を歩き考えた「ベラルーシ人」とは何者か

 ◇ベラルーシ・ミンスク編(2) 旧ソ連解体後に独立した国の中で唯一、ロシアべったりの体制を続けてきたベラルーシ。その首都ミンスク…

メディア万華鏡
第38回全国豊かな海づくり大会の放流会場で、笑顔で拍手をされる天皇、皇后両陛下=高知県土佐市の宇佐しおかぜ公園で2018年10月28日、加古信志撮影

「発信する皇后」美智子さまが平成にもたらしたもの

 「既視感、もう飽きた」--。皇后さまが10月20日、84歳の誕生日を迎えられた。天皇陛下の退位まで半年。皇后として最後の誕生日と…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…