演説中、右翼少年に短刀で刺された浅沼稲次郎・社会党委員長=東京・日比谷公会堂で1960年10月12日、長尾靖撮影
演説中、右翼少年に短刀で刺された浅沼稲次郎・社会党委員長=東京・日比谷公会堂で1960年10月12日、長尾靖撮影

社会・カルチャー青春小説の系譜

大江健三郎「セヴンティーン」こじらせ10代のパンク

鶴谷真 / 毎日新聞学芸部記者

 1960(昭和35)年10月12日午後3時ごろ、浅沼稲次郎・社会党委員長が、東京・日比谷公会堂で演説中に右翼の少年に刺殺された。聴衆約1000人の眼前の凶行だった。この年の6月15日には日米安全保障条約改定に反対する全学連主流派デモ隊が国会に突入し、東大生・樺(かんば)美智子さんが亡くなった。

 翌61年1月、文芸誌「文学界」に載ったのが大江健三郎さんの短編小説「セヴンティーン」である。<今日はおれの誕生日だった、おれは十七歳になった、セヴンティーンだ>。こう書き起こされる。

 主人公の「おれ」は<自瀆(じとく)の名手>を自認し、劣等感とないまぜの自意識が爆発せんばかりの高校…

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文1876文字)

鶴谷真

鶴谷真

毎日新聞学芸部記者

1974年、神戸市出身。2002年毎日新聞社に入社し、岡山支局、京都支局を経て08年に大阪本社学芸部。13年秋から東京本社学芸部。文学を担当している。

イチ押しコラム

メディア万華鏡
新潮45(10月号)

杉田論文批判に反論特集を組んだ新潮45は炎上商法か

 杉田水脈衆院議員が性的少数者(LGBTなど)を「生産性がない」と差別する寄稿を8月号で載せた月刊誌「新潮45」が、1号をおいた1…

ニッポン金融ウラの裏

外国人労働者の送金ニーズと「銀行不要論」の密な関係

 労働人口の減少を背景に、国内のさまざまな産業で外国人労働者への依存度が高まっている。そうした外国人労働者にとって、稼いだ給料を家…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
バルパライソ名物のアセンソール(屋外エレベーター)片道15円ほどの気軽な乗り物(写真は筆者撮影)

チリ・バルパライソ 壁画の街で過ごした魅惑の時間

 ◇チリ・サンティアゴとバルパライソ編(4) 2017年3月初旬。飛行機の予約ミスで生じた空き時間に、チリ・サンティアゴから日帰り…

知ってトクするモバイルライフ
iPhone XS、XSマックスと同じく9月21日に発売されたアップルウオッチ「シリーズ4」

アップルウオッチ4「大画面で薄く進化」緊急通報も

 アップルウオッチの4世代目となる「シリーズ4」が9月21日、iPhone XS、XSマックスと同時に発売された。「シリーズ3」か…

職場のトラブルどう防ぐ?

パートの休憩問題で「労基署から指導」管理部長の窮地

 A雄さん(48)は、従業員数約230人の食品スーパーの管理部長です。ある店舗のパート従業員の休憩時間について労働基準監督署から是…