マンション・住宅最前線

「駅近」捨てれば月10万円以内で東京区部に新築分譲

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
エントランス
エントランス

 駅に近いマンションを好む人は多い。しかしマイホームとして購入する場合、「駅近」だけが条件とは言いきれない。駅に近い場所は分譲価格が高くなるし、住戸は狭くなりやすい。だったら、駅から離れ、楽なローン返済でゆったり暮らすのも悪くないからだ。駅から離れても、商業施設は近くて便利というケースもあるし……。

 その好例となるのが、ライオンズ竹ノ塚ブロッサムシティ(大京)。東武スカイツリーライン竹ノ塚駅から徒歩17分の足立区内で分譲中のマンションだ。

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1309文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。