最適メディアライフ

「購入補助縮小」でスマホ料金は高くなる?

北俊一・野村総合研究所上席コンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 総務省は2月2日、スマートフォン端末購入補助の適正化に関するガイドライン案を公表し、現在パブリックコメントを募集している。

 ガイドライン案は、総務省が昨年12月18日に公表した「スマートフォンの料金負担の軽減及び端末販売の適正化に関する取組方針」の運用ルールを明確にしたものだ。そこでは、スマホの実質負担額を軽くするためのあらゆる補助を縮小するよう、通信事業者に求めている。

この記事は有料記事です。

残り2080文字(全文2268文字)

北俊一

野村総合研究所上席コンサルタント

1965年、横浜市生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修了。90年株式会社野村総合研究所入社。四半世紀にわたり、情報通信関連領域における調査・コンサルティング業務に従事。専門は、競争戦略、事業戦略、マーケティング戦略立案及び情報通信政策策定支援。総務省情報通信審議会専門委員。