シャープとの協議を終え、取材を受ける鴻海精密工業の郭台銘会長=2016年2月5日、幾島健太郎撮影
シャープとの協議を終え、取材を受ける鴻海精密工業の郭台銘会長=2016年2月5日、幾島健太郎撮影

政治・経済経済プレミア・トピックス

「雇用とブランド維持」鴻海シャープ支援の計算ずく

大河原克行 / ジャーナリスト

シャープ・鴻海 本格交渉の裏側(2)

 経営再建に向けた支援先として、シャープが台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業を相手に、本格的に交渉を進めている主な理由は四つある。

 「鴻海案の出資規模が大きい」「液晶や白物家電など事業の切り売りを前提としていない」という2点について、「シャープ・鴻海 本格交渉の裏側(1)」で説明した。そして、三つ目の理由は、鴻海が、社員および現経営陣の体制維持について強く訴えていた点だ。

 鴻海側には、シャープの技術や人材をそのまま取り込むことで、シャープのブランドを継続させ、鴻海にはな…

この記事は有料記事です。

残り2814文字(全文3067文字)

今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

大河原克行

大河原克行

ジャーナリスト

1965年、東京都生まれ。IT業界の専門紙「週刊BCN(ビジネスコンピュータニュース)」の編集長を務め、2001年フリーランスジャーナリストとして独立。電機、IT産業を中心に幅広く取材、執筆活動を行う。著書に「ソニースピリットはよみがえるか」(日経BP社)など。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
1月末に発売されるウイコウの「トミー3プラス」

仏でシェア2位「ウイコウ」1万4800円スマホの勝算

 フランスに本拠を置くスマホメーカー「ウイコウ(Wiko)」の日本法人が、1月末に新モデルの「トミー3プラス」を発売する。 トミー…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ最南端・アグラス岬に向かうオバーバーグ地方には、羊の牧場に菜の花畑が織り交ざる、美しい丘陵地が広がっていた(写真は筆者撮影)

ケープタウンからアフリカ最南端アグラスへ車を駆る

 ◇南アフリカ編(3) 聞いていたレベルまでの治安の悪さは感じなかったケープタウンのダウンタウンで、5日間の契約でレンタカーを借り…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「自分勝手に勤務?」ママパートに困惑する歯科経営者

 A夫さん(42)は、自分のクリニックを経営する歯科医師です。パートの歯科衛生士で3児の母であるB子さん(33)の“自分勝手な勤務…

ニッポン金融ウラの裏
 

地域銀行が「収益力強化」のために今年やるべきこと

 今年の金融分野の課題は何か――。前回は証券市場の問題を考えたが、今回は間接金融、つまり銀行業界に目を向けてみたい。最大級のテーマ…

メディア万華鏡
西武・そごうのサイトに公開された広告動画

西武そごう広告とSPA!「残念なメディア」の共通項

 昨年の新語・流行語のトップ10に、性暴力を告発する「#MeToo」が入って喜んでいたら、新年早々、メディアと女性をめぐるがっかり…