30歳ではじめる資産形成

確定拠出年金の「60歳まで解約できない」メリット

横山邦男・前三井住友アセットマネジメント社長
  • 文字
  • 印刷
関口純撮影
関口純撮影

NISAと確定拠出年金(2)

 確定拠出年金(DC)については制度の変更により、資産運用の手段としては非常に活用しやすくなります。確定拠出年金とは、企業年金の一形態です。

 これまでの企業年金は大半が確定給付型といって、年金の原資となる運用資産を毎年、一定の利回りで運用したことを前提とした結果、得られる収益も含めて、将来の年金給付額を決定しています。

 だから確定給付になるわけですが、問題は、前提となっている利回りを年金受給者に対して確定させていたと…

この記事は有料記事です。

残り2054文字(全文2278文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

横山邦男

前三井住友アセットマネジメント社長

東京大学卒、1981年に住友銀行(現三井住友銀行)入行。日本郵政専務執行役、三井住友銀行常務執行役員を歴任し、2014年4月から三井住友アセットマネジメント社長、16年6月から日本郵便社長。住友銀行とさくら銀行の合併によるメガバンク誕生の際に腕を振るった金融界のビッグネーム。著書に「今こそはじめる資産形成」(幻冬舎メディアコンサルティング)がある。