突き落としで豪栄道を破り、優勝を決めた琴奨菊(右)=東京・両国国技館で2016年1月24日、竹内幹撮影
突き落としで豪栄道を破り、優勝を決めた琴奨菊(右)=東京・両国国技館で2016年1月24日、竹内幹撮影

社会・カルチャーメディア万華鏡

「名誉白人」「名誉男性」「名誉日本人」のモヤモヤ

山田道子 / 毎日新聞紙面審査委員

 大相撲初場所での琴奨菊の初優勝。「10年ぶりの日本出身力士の優勝」ということで1月24日、NHKは速報を流し、読売新聞は号外を配った。

 産経新聞は25日朝刊1面で「ついにこの瞬間が訪れた。ちょうど10年。幾多の日本出身力士が挑んでは、はね返されてきた外国勢の厚い“壁”を突き破り、琴奨菊が賜杯を奪還した」と書いた。「日本人」ではなく「日本出身」なのはなぜ? ひっかかった。「日本人」ではないのは、モンゴル出身で2005年に日本国籍を取得した旭天鵬(現・大島親方)が12年に優勝しているからだ。

 漫画家のやくみつるさんは、「10年ぶり」を強調するあまり、外国勢の賜杯占有を忌まわしい黒歴史のよう…

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1641文字)

山田道子

山田道子

毎日新聞紙面審査委員

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞入社。浦和支局(現さいたま支局)を経て社会部、政治部、川崎支局長など。2008年に総合週刊誌では日本で一番歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長を経て15年5月から現職。