しゅーかつ日記

就活生も見ている「くだらない説明会はだるいねむい」

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷

 最終面接で本命の通信系I社に落ち、立ち直りも早かった小島舞子さん(22歳、首都圏中堅私大4年)。その後、企業を分析する目が肥えてきたのか、シビアなコメントも多くなった。

2015年4月27日(月) 大きい「合説」はやっぱりダメ!

 コンベンションセンターで行われた合同企業説明会に参加した。「まともな企業が全然なくて、人材サービス会社M社だけ見て帰ってきた。やっぱり大きいところの合説はだめ」

 説明会参加企業への評価が、だんだん厳しくなっていく。

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1177文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。