知ってトクするモバイルライフ

「最適接続」実現へ 格安スマホの規制緩和は進むか

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 格安SIMと呼ばれ、大手通信事業者から回線を借りるMVNOだが、ここに対する規制緩和が一歩進もうとしている。

 昨年末にかけて開催された総務省のタスクフォースでは、大手通信事業者の料金値下げが議論された一方で、MVNOのさらなる拡大もテーマになった。全体としては、規制をより緩和していく方向性が示された。そして、その手段として、「加入者管理機能」が、規制緩和を促進すべき機能として位置づけられた。

 この「加入者管理機能」とはどのようなものなのか。

この記事は有料記事です。

残り1759文字(全文1982文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。