東京マラソンを走る

フルマラソン42キロを旅するように楽しむ

編集部
  • 文字
  • 印刷
紙ふぶきが舞うなか、東京都庁前を一斉にスタートするランナー=2015年2月22日撮影
紙ふぶきが舞うなか、東京都庁前を一斉にスタートするランナー=2015年2月22日撮影

 皇居ランを始めて4カ月でハーフマラソンに出場した私(経済プレミア編集長、今沢真)は、それより長い距離の大会に出場しようとは、まったく思っていなかった。

 ところが、ランの仲間は「次は東京マラソンだ」「かすみがうらマラソンだ」と大騒ぎしていた。そして、次から次へと初めてのフルマラソンに挑戦し、完走していた。私もその熱気に流され、ハーフマラソン出場から1年後の2010年11月開催「つくばマラソン」(茨城県つくば市)にエントリーしてしまった。

 この大会はその時30回目。歴史のある大きなレースだ。そこで初のフルマラソンを走るのは私には重荷だっ…

この記事は有料記事です。

残り1591文字(全文1861文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz