しゅーかつ日記

好きな人にふられたのと同じ気持ちになった面接

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
マイナビ合同会社説明会で=関口純撮影
マイナビ合同会社説明会で=関口純撮影

 第1志望の広告代理店N社から同じ日に「通過メール」と「お祈りメール」が届いた首都圏中堅私大4年の小島舞子さん(22)。人事部のミスということで筆記試験通過になったが、その後の1次面接の雰囲気はあまりよくなかった。「形だけの面接なら、筆記で落としてくれた方がマシ」と思っていたところ、1次面接を通過して2次面接に進んだ。さてその先は……。

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1065文字)

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。