社会・カルチャーベストセラーを歩く

直木賞「つまをめとらば」が描く、女という現実

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 男は自意識にからめ捕られやすい。あれこれ考えて、身動きできなくなってしまう。自意識というのは底なし沼で、他者が見えなくなる。だから、何のために生きているのかわからなくなる。生き続ける意味を見失ってしまうのだ。

 一方、女はそんな男にとって、現実そのもののように姿を現す。生命力に満ちている。生き続けることは女にとっては大前提なので、何のために生きるのか、とはあまり悩まない。それよりも、いかに生きるのかという課題に取り組む。

 こんな図式を描いた古今東西の名作は枚挙にいとまがない。これは本当に正しいのだろうか。ある種の論者に…

この記事は有料記事です。

残り1486文字(全文1748文字)

重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ

「2年縛り・4年縛り」当局指摘でちょっぴり見直し

 大手通信事業者の契約方式「2年縛り」と「4年縛り」が見直される。NTTドコモは「2年縛り」を、auとソフトバンクは「2年縛り」と…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
シュワルマの店で近所の姉弟にカメラを向けたら満面の笑顔でポーズをしてくれた(写真は筆者撮影)

アンマン「丘の街」を歩いて感じたこの地の寛容さ

 ◇ヨルダン・アンマン編(2) 「中東で最も旅行しやすい国」とガイドブックに書かれるヨルダン。首都アンマンでは、聞いた通り広大な範…

メディア万華鏡
自民党本部前で杉田水脈議員の辞職を求めて抗議する人々=2018年7月27日、宮間俊樹撮影

「生産性ない」発言の杉田水脈議員も差別されている?

 「指導」で終わり? 月刊誌「新潮45」8月号に「『LGBT』支援の度が過ぎる」を寄稿した自民党の杉田水脈衆院議員(比例中国ブロッ…

世界透視術
中国の習近平国家主席=2012年11月、隅俊之撮影

対米貿易戦争へ習主席が発した「思想の国家総動員令」

 世界経済がどうなるか、米中貿易戦争の行方にかかっている。米中貿易戦争の行方がどうなるかは、トランプ米大統領と習近平・中国国家主席…

職場のトラブルどう防ぐ?

「早く転職先に」退職意思を伝えた29歳男性の悩み

 A介さん(29)は、職員数約60人の会計事務所に勤務しています。大学卒業後は会社員をしていましたが、税理士資格を取って独立したい…