海外特派員リポート

TPPに暗雲? トランプ氏“暴言”への喝采と不安

清水憲司・毎日新聞経済部記者(前ワシントン特派員)
  • 文字
  • 印刷
ネバダ州党員集会で圧勝し、勝利宣言するトランプ氏=2016年2月23日、長野宏美撮影
ネバダ州党員集会で圧勝し、勝利宣言するトランプ氏=2016年2月23日、長野宏美撮影

 米大統領選は、民主、共和両党の候補者指名を争う各州での予備選が進むにつれ、日米など12カ国による環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への反対論が強まっている。選挙のたびに勝利する政党が変わる「スイング・ステート」として知られる中西部オハイオ州で、その理由を探った。

 同州北部の都市クリーブランド郊外。2014年10月に閉鎖された米自動車大手フォードの工場跡地には、青地に「フォード」と大きく書かれたタンクが寂しそうに建っていた。近くのファストフード店の店員ローリー・シューマッハさん(46)は「従業員やガードマン、みんなよく来てくれたのに。たくさんの雇用が失われたわ」と話す。

 店を出て、柵の外側から工場を撮影していると、すぐにパトカーがやってきた。「セキュリティー上、身元を…

この記事は有料記事です。

残り1533文字(全文1873文字)

清水憲司

毎日新聞経済部記者(前ワシントン特派員)

 1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を卒業後、99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て、東京経済部で流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当した。2014~18年には北米総局(ワシントン)で、米国経済や企業動向のほか、通商問題などオバマ、トランプ両政権の経済政策を取材した。