しゅーかつ日記

「就活どうだ」と聞く親に心の中で「ありがとう」

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
合同企業説明会の開始を待つ学生たち=千葉市美浜区の幕張メッセで2016年3月1日、丸山博撮影
合同企業説明会の開始を待つ学生たち=千葉市美浜区の幕張メッセで2016年3月1日、丸山博撮影

小島舞子さん×東野琢磨さんの就活思い出話(2)

 今は就職を待つばかりの大学4年生、小島舞子さん(22)と東野琢磨さん(22)に聞く就活思い出話の2回目。面接解禁が6月1日に早まった今年の就活生に向けて、体験を踏まえたアドバイスを語ってもらいました。

 −−今年は選考開始が6月1日に早まりました(昨年は8月1日)。就活解禁からわずか3カ月しかありません。何をしたらいいでしょうか?

 ◆東野 僕は昨年、ES(エントリーシート)を作るのが遅くなりがちでした。結構締め切りに追われて「こ…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1561文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。