世界の乳幼児教育、行ってみたらこうだった!

結果ではなく努力を褒めるのがスタンフォード流

轟麻衣子・株式会社ポピンズ取締役
  • 文字
  • 印刷
キャロル・ドゥエック教授の講義の様子。左がドゥエック教授=ポピンズ提供
キャロル・ドゥエック教授の講義の様子。左がドゥエック教授=ポピンズ提供

スタンフォード大学編(4)

 今回のスタンフォード大学研修では、大手IT企業の企業内保育所などを視察するとともに、同大心理学部の子供のやる気に関する研究の世界的権威である、キャロル・ドゥエック教授の講義を受けました。ドゥエック教授は、その研究成果をまとめた「マインドセット 『やればできる!』の研究」(草思社)という本も出版しています。スタンフォード大学編の最後に講義の内容をご紹介します。

この記事は有料記事です。

残り2610文字(全文2804文字)

轟麻衣子

株式会社ポピンズ取締役

東京都生まれ。12歳で英国の名門寄宿舎学校に入学。1998年、ロンドン大学を卒業後、メリルリンチ(ロンドン)に入社。シャネル(パリ本社、日本支社)などを経て、INSEAD(フランスを拠点とするビジネススクール・経営大学院)でMBAを取得。その後、デビアス(ロンドン)で勤務後、2010年、ポピンズ顧問、12年から現職。2児の母親。