IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

格安スマホ月850円「音声定額プラン」の使い勝手

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 格安スマホと呼ばれるMVNOだが、通話料はその限りではない。どの会社も30秒20円に設定されていることが多く、長電話をしたり、通話の回数が多いと、料金が割高になってしまう。

 1日1分通話したとしても、月あたりの料金は単純計算で1200円。基本使用料は700円前後が相場になっているため、通話のために、合計で1900円かかることになる。大手通信事業者が提供する音声定額プランよりは安いが、1回5分までの無料通話時間が制限されている1700円のライトプランよりは割高だ。

 そうしたこともあり、通話を頻繁にしたり、長電話が好きだったりする利用者にとっては、格安スマホに移り…

この記事は有料記事です。

残り1570文字(全文1854文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。