(C) 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社
(C) 2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C) 末次由紀/講談社

社会・カルチャー週末シネマ

汗と涙と百人一首の青春スポ根「ちはやふる」

勝田友巳 / 毎日新聞学芸部長

 末次由紀さん原作の人気漫画を、2部作で映画化した。百人一首の典雅な印象とは裏腹に、汗と涙が飛び散る青春スポ根映画。まさか、格闘技さながらのここまで激しいスポーツだとは思わなかった。

主人公役・広瀬すずの生きの良さが爽快

 題材の目新しさもさることながら、若々しい出演者の生きの良さが、まず楽しい。中でも主演の広瀬すずが役柄にぴったり。演じた千早はかるたが大好き。高校に入学して、幼なじみのかるた仲間・太一(野村周平)と再会し、競技かるた部を創設する。全国大会に出場し、もう1人の幼なじみで、遠くに住む新(真剣佑)との対戦を夢みている。

 千早と太一のほかに集まったのは、秀才で運動はいまひとつの机くん(森永悠希)、かるたは一流だがお調子…

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1306文字)

勝田友巳

勝田友巳

毎日新聞学芸部長

1965年、茨城県出身。北海道大文学部卒。90年毎日新聞に入社し、松本支局、長野支局などを経て、東京本社学芸部。映画を担当して15年、新作映画を追いかける一方、カンヌ、ベルリンなど国際映画祭や撮影現場を訪ね、映画人にも話を聞いて回る日々。毎日新聞紙面で「京都カツドウ屋60年 馬場正男と撮影所」「奇跡 軌跡 毎日映コン70年」の、2本の映画史ものを連載中。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街でのイベントにいた着ぐるみ。ちょっと不気味なところがロシア的?(写真は筆者撮影)

サハリン「ユジノサハリンスク」旧樺太の地の今は

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(1) ロシア・サハリン州の、州都ユジノサハリンスク(日本語にすれば「南サハリン市」)。成田空港か…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

転職する27歳男性が驚いた「最後の給与」の手取り額

 A太さん(27)は4年間勤務した会社を3月末に退職し、4月から新しい会社に転職して1人暮らしを始めます。転職は大学の先輩に誘われ…

知ってトクするモバイルライフ
NTTドコモの「らくらくスマートフォン ミー」。花の種類を識別する機能を搭載

「スマホなしシニア」3000万人を狙うドコモの秘策

 NTTドコモが富士通コネクテッドテクノロジーズ製(FCNT)の「らくらくスマートフォン ミー」を発売。3月6日からテレビCMも開…

メディア万華鏡
 

「準強制性交」の罪名に感じる司法の“男性バイアス”

 「薬飲ませ女性暴行の疑い 昭和大の医師2人、容疑否認」「田畑毅議員が辞職願 衆院に提出 女性とトラブル」「新井浩文被告 500万…

ニッポン金融ウラの裏
内閣府=2014年6月11日、根岸基弘撮影

経済の司令塔・内閣府の中長期試算「いまも現実離れ」

 厚生労働省による「毎月勤労統計」の不正調査問題が国を揺るがしている。信頼すべき国の統計の調査に瑕疵(かし)があり、信ぴょう性が疑…