新しゅうかつ日記2016

いよいよ就活解禁 超短期決戦を祝って乾杯だ!

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
就職活動が本格スタートし、企業ブースで説明を聞く学生ら=インテックス大阪で2016年3月1日
就職活動が本格スタートし、企業ブースで説明を聞く学生ら=インテックス大阪で2016年3月1日

現役就活生の活動を同時進行でリポート

 3月1日にスタートした2016年就活。来春の就職を目指す現役就活生に密着し、その一生懸命な活動をほぼリアルタイムでお伝えします。(※人名と企業名はすべて仮名です)

2016年3月1日(月) 就活解禁日は「クリック戦争」

 東京都内の私立大文系学部3年、金子冬美さん(21)は解禁日前夜、友人2人と居酒屋で「就活ガンバロー会」を開いて盛り上がっていた。来年の春、社会に出る。そのためには就活をがんばって仕事先を見つけなければならない。「お互いにがんばろーねー」と酎ハイのグラスを合わせ、何気なくスマートフォンを見たら、高校時代の友人がツイッターでつぶやいていた。

 「リポート仕上げて、クリック戦争の準備をしますか……笑。パソコン2台とスマホで足りるかな」

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1298文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。