新しゅうかつ日記2016

解禁日は午前5時まで数十社にプレエントリー

内山勢・毎日新聞教育事業室委員
  • 文字
  • 印刷
合同企業説明会で担当者から説明を聞く学生ら=インテックス大阪で2016年3月1日
合同企業説明会で担当者から説明を聞く学生ら=インテックス大阪で2016年3月1日

2016年3月1日(火) 午前0時「サイトにつながっちゃった!」

 首都圏の国立大文系学部3年、武田健太郎さん(21)も、2月29日夜は友人と飲んでいた。大学のスポーツ部同期。就活生は解禁前にみんな飲むらしい。

 友人「今日は早く帰って就活サイトでエントリーする」。武田さん「なら僕もエントリーしてみようかな」。

 午後10時に家に帰り着き、1日午前0時なったのを確かめてパソコンからアクセスした。するとあっさり就活サイトに入れてしまった。今日は朝7時からアルバイトがあり、早起きしないといけない。さてどうしたものか。「ええい」と思い切り、数十社にプレエントリーをして気がついたら、午前5時になっていた。1時間仮眠して、6時半には家を出た。超眠い。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1198文字)

内山勢

毎日新聞教育事業室委員

 1983年、毎日新聞社入社。山形支局記者を振り出しに、週刊サンデー毎日、東京経済部、週刊エコノミスト編集委員などを歴任。毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長を10年務めた。現在は教育事業室委員。静岡大学で客員教授を務めるなど各地の大学でマスコミ関係の授業をしている。