東芝問題リポート

東芝13億ドル損失隠しの言い訳は米司法省に通じるか

編集部
  • 文字
  • 印刷
2016年度事業計画の会見に出席した室町正志社長(右)=2016年3月18日、亀井和真撮影
2016年度事業計画の会見に出席した室町正志社長(右)=2016年3月18日、亀井和真撮影

 今春闘の主要企業の集中回答日は3月16日だった。経営側は渋かった。3年連続で賃金を底上げする「ベア」に主要企業は踏み切るものの、引き上げ幅は前年割れが続出した。なかでもひときわ厳しい内容でこの日、労使交渉が妥結したのが東芝だった。

 東芝経営陣は労働組合に対し、不正会計で業績が大きく悪化することを踏まえ、ベースアップの見送りと、業績連動型ボーナスの減額が最大50%になることを伝えた。組合側もこれを受け入れて労使交渉は妥結した。

 東芝のボーナスは業績に連動して支給額を算定する。巨額の赤字が見込まれる今年は夏、冬とも算定額から基準賃金1カ月分に相当する金額が減額される。所属部門の業績で差が出るが、最も低い場合は年間2カ月分程度のボーナスになるという。

この記事は有料記事です。

残り2110文字(全文2437文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz