ハードウエア新時代

今秋発売「プレステ VR」が目指す新しいゲーム体験

西田宗千佳・フリージャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 3月15日(現地時間)、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は米サンフランシスコで発表会を開催、かねて開発を表明していたバーチャルリアリティー(VR)機器、「PlayStation VR(プレステVR)」を、日米欧で10月に発売すると発表した。

 価格は4万4980円(税別)。プレステVRは家庭用ゲーム機「PlayStation4」とセットで使う周辺機器で、頭にかぶることで視界を映像で置き換え、従来にない圧倒的な臨場感・没入感のある体験を実現する。SCEのアンドリュー・ハウス社長も「これまでのゲームとは全く異なる体験。新しいムーブメントを起こしたい」と自信を見せる。

 SCEがこの日にプレステVRを発表したのは、サンフランシスコでゲーム開発者会議「Game Developers Conference(GDC)」が開催中だったからだ。GDCは世界最大のゲーム関連開発者会議で、今回で開催30回目となる、非常に重要な場だ。あくまで開発者のためのイベントであり、本来、個人市場向けのニュースである製品発表などは少ない。だが、そこにあえて、同社が「新しいゲーム機に準ずる戦略商品」の発表を仕掛けてきたのは、GDCの主要なテーマが「VR」であったからだ。

 GDCの会期は5日間。最初の2日間は「VRDC」と名付けられ、VR関連のセッションが集中的に行われた。主催者によれば、全セッションのうち約3割がVRに関連するものである。VRがまだ産業として立ち上がっていないことを思えば、非常に大きいものだ。企業展示を行うExpoフロアにも、VR関連展示が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り1270文字(全文1953文字)

西田宗千佳

フリージャーナリスト

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。取材・解説記事を中心に、主要新聞・ウェブ媒体などに寄稿するほか、年数冊のペースで書籍も執筆。テレビ番組の監修なども手がける。