この酒場この一品

“まるで富士山”山盛りポテチと手羽ギョーザで乾杯

印束義則・ライター
  • 文字
  • 印刷
高さ20センチ以上と豪快に盛りつけた「富士山ポテチ(元祖)」(480円税別、以下同)
高さ20センチ以上と豪快に盛りつけた「富士山ポテチ(元祖)」(480円税別、以下同)

 誰もが日ごろ気軽に食べているのに、酒場では意外と食べられないもの。その一つがポテトチップスだろう。料理より酒が主体のお店ならともかく、一般的な酒場には置いていないことが多い。身近すぎて酒場では扱いづらいのかもしれない。

 そんな、どこにでもあるわけではない商品を、もっとどこにもないメニューにしたのが、「酒処 手羽矢 行徳店」(千葉県市川市行徳駅前、東京メトロ東西線行徳駅徒歩2分)の「富士山ポテチ」(480円税別、以下同)だ。

 日本一高い富士山のように、丼に高く盛られたポテトチップスを目の当たりにしたお客さんは、「運んでくる間によくもまあ、崩れないもんだ!」とつい感心してしまう。

 市販のポテトチップスを丼に盛りつけて歩いてみれば、さすがにここまでどっしりとはしない。それもそのはず、富士山ポテチは、揚げる際にポテトチップス同士が重なり、くっつくので崩れにくい。自家製ポテトチップスだからこそできる技なのだ。

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1561文字)

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。