走行する北陸新幹線=富山県射水市で2015年3月14日、後藤由耶撮影
走行する北陸新幹線=富山県射水市で2015年3月14日、後藤由耶撮影

政治・経済経済プレミア・トピックス

羽田線減便で福岡・札幌を意識する小松空港の正念場

中村智彦 / 神戸国際大学教授

北陸新幹線開業1周年リポート(2)

 昨年3月に北陸新幹線が開業して以降、北陸方面への旅行者数は確実に伸びています。一方で、北陸地方の各空港と首都圏を結ぶ航空路線の減便という新たな問題が起こっています。北陸新幹線開業時の富山県黒部市などで調査研究に携わった神戸国際大学の中村智彦教授(地域経済論)の解説です。

この記事は有料記事です。

残り2236文字(全文2389文字)

中村智彦

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、日テレ系「世界一受けたい授業」の工場見学担当も務める。