育児サバイバル

「保育園落ちた!」絶望を上司と政治家は理解できない

藤田結子・明治大商学部教授
  • 文字
  • 印刷
お兄ちゃんも抱っこさせてー=関口純撮影
お兄ちゃんも抱っこさせてー=関口純撮影

 匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね」に対する政治家の発言が波紋をよびました。

 2月29日の衆院予算委員会で、民主党の山尾志桜里議員がブログの内容を読み上げていると、議員席から「誰が書いたんだよ」とヤジが飛びました。保育園探しに苦しむ多数の親を目の当たりにしていれば、「誰が書いたのか」という発想は出てこないでしょう。

 3月11日の参院本会議では安倍晋三首相が、3月14日の参院予算委員会では自民党の藤井基之議員が、保…

この記事は有料記事です。

残り2250文字(全文2458文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

藤田結子

明治大商学部教授

東京都生まれ。慶応義塾大を卒業後、大学院留学のためアメリカとイギリスに約10年間滞在。06年に英ロンドン大学で博士号を取得。11年から明治大学商学部准教授、16年10月から現職。専門は社会学。参与観察やインタビューを行う「エスノグラフィー」という手法で、日本や海外の文化、メディア、若者、消費、ジェンダー分野のフィールド調査をしている。5歳の男の子を子育て中。