経済プレミア・トピックス

善光寺と軽井沢も驚いた 北陸新幹線の集客パワー

中村智彦・神戸国際大学教授
  • 文字
  • 印刷
富山駅に到着する北陸新幹線=2015年3月14日、三浦博之撮影
富山駅に到着する北陸新幹線=2015年3月14日、三浦博之撮影

北陸新幹線開業1周年リポート(5)

 開業から1年を迎えた北陸新幹線は、北陸地方の人々の視線を首都圏に向かわせつつあります。また、焦点となっている敦賀以西ルートの決定も絡み、関西や東海地域にも大きな影響をもたらします。今後注目される動きについて、北陸新幹線開業時の富山県黒部市などで調査研究に携わった神戸国際大学の中村智彦教授(地域経済論)が解説します。

この記事は有料記事です。

残り2170文字(全文2346文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、TBS系「坂上&指原のつぶれない店」にも出演。