社会・カルチャー街の文化漂う 秘蔵の宿

桜並木に囲まれた アルカディア市ケ谷 私学会館

稲葉なおと / 紀行作家、一級建築士

素泊まり8500円(税込み)〜

 東京で花見を楽しめるホテルをネット検索すると、高額なシティーホテルの名前がずらりと出てくる。たしかにどのホテルも桜の見どころが満載ではあるが、個人的にこの宿は、三つの点で知る人のみ知る、花見にお薦めの宿かと思う。

 まずは駅至近であり、桜並木がすぐ目の前という立地の良さ。公共の宿であることから、飲食や宿泊にかかる料金が手ごろであること。そして、著名建築家や芸術家がかかわった貴重な建物でもあること。

 JR市ケ谷駅から徒歩2分。靖国通り沿いにもエントランスはあるが、外濠(そとぼり)公園沿いのメインエ…

この記事は有料記事です。

残り1443文字(全文1708文字)

稲葉なおと

稲葉なおと

紀行作家、一級建築士

1959年、東京都生まれ。東京工業大学建築学科卒。400軒以上の名建築の宿を宿泊・取材。旅行記、小説、児童文学、写真集を発表している。現在も長編小説を雑誌「ダンスビュウ」に連載中。第10回JTB紀行文学大賞奨励賞受賞。主な著書に「匠たちの名旅館」など。近著に「モデルルームをじっくり見る人ほど『欠陥マンション』をつかみやすい」(小学館)。公式サイトでお勧めホテル、名建築の写真を多数公開中 http://www.naotoinaba.com (顔写真の撮影は寺崎誠三さん)