仙台市・青葉城跡にある「伊達政宗公騎馬像」=2016年3月20日、今沢真撮影
仙台市・青葉城跡にある「伊達政宗公騎馬像」=2016年3月20日、今沢真撮影

社会・カルチャー戦国武将の危機管理

リストラなき財政再建を果たした伊達政宗

小和田哲男 / 静岡大学名誉教授

 伊達政宗は慶長5(1600)年の関ケ原の戦い直前、58万石だった。政宗を何としても自分の陣営に取りこみ、上杉景勝への押さえとしたいと考えた徳川家康は、大幅な加増を約束し、政宗を味方とした。そのときの家康からの約束手形が「百万石のお墨付き」といわれるものである。

 関ケ原の戦いに勝利すれば、政宗に陸奥国の刈田・伊達・信夫・田村・二本松・塩松・長井の7カ所を与えるというもので、この7カ所の石高合計はおよそ50万石だった。つまり、それまでの58万石に50万石がプラスされ、政宗は一躍100万石大名になるわけで、その約束手形は「百万石のお墨付き」といわれたのである。

 そこで政宗は100万石にみあう軍役を果たすべく新たに家臣を採用したわけであるが、思わぬ勇み足から約…

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1339文字)

小和田哲男

小和田哲男

静岡大学名誉教授

戦国大名・今川氏のお膝元で、徳川家康の隠居先でもあった静岡市で1944年に生まれる。72年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は日本中世史。戦国時代史研究の第一人者として知られ、歴史番組でおなじみの顔。趣味は「城めぐり」で、公益財団法人「日本城郭協会」の理事長も務める。主な著書に「戦国の群像」(2009年、学研新書)、「黒田官兵衛 智謀の戦国軍師」(13年、平凡社新書)。公式サイト https://office-owada.com

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
ドコモのカードケータイ(右)とワンナンバーフォン(左)

重いスマホに疲れた人へドコモ超軽「カードケータイ」

 NTTドコモが冬春モデルで、二つの「携帯電話」を発表し、話題を集めている。一つが11月下旬に発売される「カードケータイ」。もう一…

ニッポン金融ウラの裏
日本取引所グループのビル

やっと動き始めた「総合取引所」世界に10年遅れ?

 証券取引所に商品取引所を統合する「総合取引所」が実現に向けて動き出す雲行きとなっている。政府の規制改革推進会議が重点事項のひとつ…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
キエフの下町ボディール地区で見つけた秀逸な壁画。この地に流されてきた涙を受け止めているようにも見える(写真は筆者撮影)

キエフを地下鉄で移動 旧ソ連時代の悲惨な歴史を見る

 ◇ウクライナ・キエフ編(2) 欧州最大の沃野(よくや)を持ちながら、1人当たりGDP(国内総生産)では日本の10分の1以下と欧州…

メディア万華鏡

自滅した新潮45と“まっとうな便乗商法”の文芸誌

 「新潮45」は炎上商法のあげく休刊となってしまったが、これに乗じたまっとうな“商法”で注目なのが、日ごろは目立たない文芸誌だ。 …

職場のトラブルどう防ぐ?

トラブルで「土曜全員出勤」有休の社員はどうなる?

 A郎さん(42)は、社員数約30人の事務機器卸会社の経営者です。会社は「完全週休2日制」を導入しています。土曜日の有給休暇の取り…