会見後に握手を交わす(右から)シャープの高橋興三社長、鴻海精密工業の郭台銘会長、戴正呉副総裁=堺市で4月2日、久保玲撮影
会見後に握手を交わす(右から)シャープの高橋興三社長、鴻海精密工業の郭台銘会長、戴正呉副総裁=堺市で4月2日、久保玲撮影

政治・経済経済プレミア・トピックス

鴻海会長が公言したシャープ「雇用維持」は守られるか

編集部

鴻海・シャープ買収(2)

 シャープを買収した台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘(かく・たいめい)会長は、1日16時間働く猛烈な仕事ぶりで知られる。決断のスピードが早い「ワンマン経営者」であり、外部にはときとして「独善」と映ることもある。堺市の液晶工場で4月2日行われたシャープ買収の契約調印の記者会見で、郭会長のこうした一面が垣間見えた。

 会見には報道陣とアナリストが混在して出席した。アナリストの多くはこのような会見で、経営者が説明した…

この記事は有料記事です。

残り1801文字(全文2022文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz