新しゅうかつ日記2016

経団連会員企業からメール「OBに会いに来ない?」

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
学生たちで混雑するマイナビ合同会社説明会の会場=東京都江東区で2016年3月19日、竹内紀臣撮影
学生たちで混雑するマイナビ合同会社説明会の会場=東京都江東区で2016年3月19日、竹内紀臣撮影

3月中旬 大手メーカーから1通のメール

 首都圏国立大生、武田健太郎さん(21)のスマホに3月中旬、メールが届いた。プレエントリーした大手メーカーが「弊社の大学OBと話しませんか」と誘ってきたのだ。「これがうわさのリクルーターか」−−いよいよ就活が始まったことを実感した。

 武田さんが通う大学は、所属するスポーツ部や同窓会組織の手厚いサポート体制で知られているが、今回はメーカーからの直接の案内だった。

 武田さんの志望は、不動産、鉄道・道路など交通インフラ業界。どちらも街の再開発に密接に結びついている…

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1248文字)

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。