新しゅうかつ日記2016

人事部はクールだが"情熱"にほだされることもある

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
マイナビ会社合同説明会に向かう学生たち=東京都江東区で2016年3月19日、竹内紀臣撮影
マイナビ会社合同説明会に向かう学生たち=東京都江東区で2016年3月19日、竹内紀臣撮影

 大手メーカーのOBリクルーターと“雑談”した首都圏の国立大学生、武田健太郎さん(21)は、他の企業にも精力的にエントリーしている。

 大学の説明会で話を聞いた別の大手メーカーにも興味を持った。しかし、個別説明会の先着順予約をうっかり忘れてしまった。武田さんは人事担当者に「どうしても説明会に参加したいんです。どうにかなりませんか」と必死に頭を下げた。人事は意外と、このような熱心さに弱いものだ。

 担当者は「申し訳ないが締め切ったのでもう無理です」と言いながら、武田さんに名刺を渡し、「あとでここ…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文811文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。