躍動する科学ベンチャー

数分で動かせるようになる筋電義手のリアル感

丸幸弘・株式会社リバネス最高経営責任者
  • 文字
  • 印刷
メルティンMMIのロボットハンド=メルティンMMI提供
メルティンMMIのロボットハンド=メルティンMMI提供

 思い通りに動く、これまでになかった筋電義手の開発を進めるメルティンMMI。その義手(ロボットハンド)がどのように動くのか、披露してもらいました。筋電技術は義手だけでなく、直感的に操作できるリモコンなどにも応用できるといいます。リバネスの丸幸弘・最高経営責任者(CEO)と、メルティンの伊藤寿美夫CEO、粕谷昌宏・取締役執行役員(COO)、關(せき)達也・取締役技術責任者(CTO)の4人が語り合いました。【進行・構成、サイエンスライター本丸諒】

 ──実際に、筋電技術を生かした義手(ロボットハンド)を操作させてください。

 ◆メルティン・粕谷昌宏COO まず、ひじと手首の間の筋肉部分3カ所に筋電センサーを貼り付けます。

この記事は有料記事です。

残り2230文字(全文2540文字)

丸幸弘

株式会社リバネス最高経営責任者

1978年神奈川県生まれ。東京大学大学院在学中の2002年6月にリバネスを設立。「最先端科学の出前実験教室」をビジネス化した。大学や地域に眠る経営資源や技術を組み合せて新事業のタネを生み出し、200以上のプロジェクトを進行させている。著書『世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。』(日本実業出版社)がある。