東芝問題リポート

歴代社長の競争心が引き起こした東芝不正スパイラル

編集部
  • 文字
  • 印刷
不正会計を主導したとされる東芝の歴代3社長。左から西田厚聡氏、田中久雄氏、佐々木則夫氏=2013年2月26日、木葉健二撮影
不正会計を主導したとされる東芝の歴代3社長。左から西田厚聡氏、田中久雄氏、佐々木則夫氏=2013年2月26日、木葉健二撮影

リストラの嵐の中で(12)

 東芝は昨年9月15日、東証から「特設注意市場銘柄」の指定を受けた。そのちょうど半年後の今年3月15日、「改善計画・状況報告書」を公表した。9月には東証に「内部管理体制確認書」を提出して、特設注意市場銘柄から除外し、通常の東証第1部に戻してもらう審査を受ける。今回の「改善計画・状況報告書」はその中間報告である。

 改善計画・状況報告書は全54ページ。五つの章で構成される。「経緯」「過年度決算訂正が生じた原因に関…

この記事は有料記事です。

残り2006文字(全文2225文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz