東芝問題リポート

「巨額減損」で責任すり替える東芝経営陣の往生際

編集部
  • 文字
  • 印刷
入社式で不正会計問題について謝罪する東芝の室町正志社長(左)ら経営陣=2016年4月1日、徳野仁子撮影
入社式で不正会計問題について謝罪する東芝の室町正志社長(左)ら経営陣=2016年4月1日、徳野仁子撮影

リストラの嵐の中で(13)

 東証に指定された「特設注意市場銘柄」を解除してもらう第一歩として、東芝は3月15日、「改善計画・状況報告書」を公表し、東証や金融庁など関係当局にも提出した。

 報告書には「原因の総括と再発防止策の進捗(しんちょく)状況」という副題がついている。不正会計の原因を総括し、それを踏まえて再発防止策を進めています、という意味だ。こうした取り組みを通じて、失われた信頼を回復する狙いだ。

 昨年7月に公表された第三者委員会の報告書は、不正問題の核心である東芝子会社の米原子力大手、ウェスチ…

この記事は有料記事です。

残り2418文字(全文2670文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz