須田慎一郎の「一刀両断」

「王将」第三者委報告書があぶり出す射殺事件の闇

須田慎一郎・経済ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

「餃子の王将」事件の闇

 東証1部上場企業の社長が、本社前で何者かに射殺されるという衝撃的な事件が発生してから2年あまり。犯人逮捕には至っていないものの、事件発生の背景を知る上で、極めて興味深い調査報告書がその企業サイドから発表された。

 被害者は、「餃子の王将」を展開する王将フードサービスの当時の社長、大東(おおひがし)隆行氏。2013年12月19日、京都市山科区の王将本社前で、何者かに射殺されたのだ。

 事件から2年近く、捜査に関して言えば目立った進展はなかったと言っていい。ところが、昨年12月、事態…

この記事は有料記事です。

残り1380文字(全文1632文字)

須田慎一郎

経済ジャーナリスト

1961年、東京生まれ。日本大学経済学部卒。経済紙の記者を経て、フリー・ジャーナリストに。「夕刊フジ」「週刊ポスト」「週刊新潮」などで執筆活動を続けるかたわら、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、読売テレビ「そこまで言って委員会NP」ほか、テレビ、ラジオの報道番組等で活躍中。