躍動する科学ベンチャー

筋電技術で人は6本の腕を持つ「阿修羅」になれる

丸幸弘・株式会社リバネス最高経営責任者
  • 文字
  • 印刷
メルティンの筋電義手を構成するロボットハンド
メルティンの筋電義手を構成するロボットハンド

 筋電技術を生かし、義手やリモコンなどを操作する仕組みの開発を進めるメルティンMMI。同社の技術でどんなことができるようになるのでしょうか。リバネスの丸幸弘・最高経営責任者(CEO)と、メルティンの伊藤寿美夫CEO、粕谷昌宏・取締役執行役員(COO)、關達也・取締役技術責任者(CTO)の4人が語り合いました。【進行・構成、サイエンスライター本丸諒】

 ──前回、寝たきりのALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の話が出ましたが、そういう人は生身の腕はあるものの、自分の意思では動かせない状態です。メルティンの筋電技術を応用して、生身の腕や手を動かす方法は考えられないのでしょうか?

 ◆メルティン・粕谷昌宏COO それは、私たちの目標の一つです。私たちは、今年10月開催の「サイバスロン」という国際競技大会に2種目で参加予定です。サイバスロンとは、いわば「サイボーグのオリンピック」。筋電義手部門と、FES(Functional Electrical Stimulation:機能的電気刺激)バイク部門にエントリーしました。

この記事は有料記事です。

残り2502文字(全文2960文字)

丸幸弘

株式会社リバネス最高経営責任者

1978年神奈川県生まれ。東京大学大学院在学中の2002年6月にリバネスを設立。「最先端科学の出前実験教室」をビジネス化した。大学や地域に眠る経営資源や技術を組み合せて新事業のタネを生み出し、200以上のプロジェクトを進行させている。著書『世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。』(日本実業出版社)がある。