戦国武将の危機管理

租税10%統一と徳政令で農民を救った北条氏康の徳

小和田哲男・静岡大学名誉教授
  • 文字
  • 印刷

 北条氏康は戦国大名北条氏の三代目で、北条早雲(伊勢宗瑞)の孫にあたる。軍事面でも、河越の戦いで関東の旧勢力山内(やまのうち)上杉氏・扇谷(おうぎがやつ)上杉氏・古河(こが)公方連合軍8万を、わずか8000の兵で破った名将であるが、それ以上に注目されるのが内政面での手腕である。

 氏康が家督をついだころ、大地震や風水害が続き、北条領は危機的状況に陥っていた。氏康自身、文書の中で「国中諸郡退転」と表現しているように、耕作をする百姓が土地を捨て、逃げ出す状況が生じていたのである。

この記事は有料記事です。

残り1118文字(全文1357文字)

小和田哲男

静岡大学名誉教授

戦国大名・今川氏のお膝元で、徳川家康の隠居先でもあった静岡市で1944年に生まれる。72年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は日本中世史。戦国時代史研究の第一人者として知られ、歴史番組でおなじみの顔。趣味は「城めぐり」で、公益財団法人「日本城郭協会」の理事長も務める。主な著書に「戦国の群像」(2009年、学研新書)、「黒田官兵衛 智謀の戦国軍師」(13年、平凡社新書)。公式サイト https://office-owada.com