「学ぶこと働くこと」現代就活模様

沖縄で働きたかった私が沖縄にふられた無情

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷

地方紙が面白い(2)

 札幌出身で地方紙記者を志望していた瀬戸麻理乃さん(22)=2016年3月専修大を卒業=は、沖縄県の新聞社、沖縄タイムスか琉球新報、そして地元の北海道新聞の3紙を目標にしていた。全国紙はまったく考えていなかった。なぜか。

 「進学で東京に出てきて、全国紙を読んだけれどつまらなかった。紙面の出来事が自分からあまりに遠かったんです」

 地元の北海道新聞は、地元ネタが満載だ。自分や友人の水泳大会の結果とか、先輩が写真付きで大きく取り上…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文972文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。