引退を発表したセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長(左)=2016年4月7日、徳野仁子撮影
引退を発表したセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長(左)=2016年4月7日、徳野仁子撮影

政治・経済セブン人事抗争の内幕

セブン“内紛”会見で露呈したカリスマ鈴木会長の落日

編集部

カリスマの引き際(2)

 鈴木敏文セブン&アイ・ホールディングス会長兼最高経営責任者(CEO、83歳)が辞任を表明した4月7日の記者会見は、「コンビニの神様」と言われたカリスマ経営者の“落日”を示していた。

 セブン&アイは同日、決算発表会見を2度予定していた。企業が決算会見を2度開くのはよくあることだ。最初の会見は主に証券担当の記者向けに行い、2度目の会見は、その企業や業界の担当記者向けに開く。

この記事は有料記事です。

残り2498文字(全文2696文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz