部下を伸ばす上司 ダメにする上司

失敗プロジェクトに学ぶ 間違った業務の引き継ぎ方

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 4月1日に発生した日本航空のシステム障害について、同社は6日、その原因を公表しました。稼働中のシステムに排他制御(ある人が特定のデータにアクセスしているとき、他の人が同じデータにアクセスできないようにブロックする)のプログラムを加えたところ、実はすでにそのプログラムが組み込まれていたためにシステムが止まってしまったのです。システムの設計情報が、後任に引き継がれていなかったことが問題の一つだと考えられます。

 仕事の引き継ぎは難しいものです。日本航空の設計情報は目に見えるものですから、注意のしようもあります。しかし、通常は目に見えない、人の心や思いまで引き継がないと問題が起こることもあります。あるITトラブルの事例を紹介します。

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1538文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。