経済プレミア・トピックス

「祝!九州」新幹線CMで再び元気と応援を

編集部
  • 文字
  • 印刷
CM撮影で特別走行する「さくら」。沿線各地で計1万人が手を振った=熊本県八代市で2011年2月20日、和田大典撮影
CM撮影で特別走行する「さくら」。沿線各地で計1万人が手を振った=熊本県八代市で2011年2月20日、和田大典撮影

 熊本や大分の地震で人々が不安な日々を過ごすなか、5年前に作られた九州新幹線のCM「祝!九州」が再び注目を集めている。全線開業の前日に東日本大震災がおき、すぐに放送が中止されたものの、沿線住民1万人が“出演”したCMはその完成度の高さとメッセージ性から、東日本大震災の被災者も元気にしたと言われている。今、改めてCMを見た人たちが震災と今回の地震を重ね、「九州がんばれ」「もう一度一つになって」と、熱い声援を送っているようだ。【経済プレミア編集部・戸嶋誠司】

 九州7県を表す7色ラッピングのN700系「さくら」が線路上に姿を現す。車両側面には「CM撮影中」「…

この記事は有料記事です。

残り2288文字(全文2567文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz