「肉うどん」(780円税別)。山梨・富士吉田市はうどんが名物で、お好みで“すりだね”を加えてもらう
「肉うどん」(780円税別)。山梨・富士吉田市はうどんが名物で、お好みで“すりだね”を加えてもらう

くらしこの酒場この一品

刺し盛りからうどんまで「山梨馬肉文化」を堪能

印束義則 / ライター

東京・水道橋「大衆馬肉酒場 冨士山(ふじやま)」

 馬肉をさかなに飲んで、馬肉で締める。う〜ん、ウマい! そんな“おいしい”体験ができるのが、東京・水道橋の「大衆馬肉酒場 冨士山(ふじやま)」(東京都千代田区三崎町、JR水道橋駅から徒歩2分、都営地下鉄三田線水道橋駅から徒歩5分)だ。山梨県富士吉田市出身の店主が切り盛りするお店で、山梨と言えば馬肉の枝肉生産量が全国5位(2014年)を誇る、日本でも有数の馬肉の食文化圏。そんな馬肉に慣れ親しんだ地域性を打ち出し、多彩な馬肉料理をそろえたお店である。

この記事は有料記事です。

残り1350文字(全文1599文字)

印束義則

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

働き方改革のしわ寄せ?「収入半減」パート女性の嘆き

 A実さん(55)は、チェーン展開する自宅近くのクリーニング店で受付のパートとして働いています。昨年「働き方改革」への対応で店舗に…

メディア万華鏡
婚約が内定、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で2017年9月3日、代表撮影

「開かれた皇室」が生んだ?小室さんスキャンダル報道

 ガソリン、投下しちゃった。秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期となっている米国留学中の小室圭さん(27)が1月22日、母…

知ってトクするモバイルライフ
第2弾の100億円還元キャンペーンを発表するペイペイの中山一郎社長=東京都千代田区で、今村茜撮影

ペイペイ再び「100億円キャンペーン」は小粒に還元

 ソフトバンクとヤフーが合弁で設立したQRコード決済事業者のペイペイが、総額100億円キャンペーンの第2弾を2月12日から始める。…

ニッポン金融ウラの裏
 

変革の時代に「動かない」言い訳を探す銀行の勘違い

 銀行が変革の時代を迎えていることはいまさら言うまでもない。しかし、そのような言葉がマスコミをにぎわしている割には、銀行業界で実際…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
荒野の中の一軒宿でもてなしてくれた夫婦。彼らはアフリカーナー(オランダ系白人)だった(写真は筆者撮影)

南アに囲まれた「レソト王国」入国直前まさかの撤退

 ◇南アフリカ編(6) 南アフリカに囲まれた小さな王国レソトに最も近い田舎町レディブランドまで、700キロ近くを1日で走ってきた筆…