スマートフォンを使う高校生
スマートフォンを使う高校生

IT・テクノロジー最適メディアライフ

小中高校生のツイッターアプリ利用制限は是か非か

北俊一 / 野村総合研究所上席コンサルタント

 青少年のスマートフォン利用状況に関する最新データがある。内閣府が3月に発表した「青少年のインターネット利用環境実態調査」(2015年11月に調査員が青少年3422人を面接)によると、小学生の23.7%、中学生の45.8%、高校生の93.6%がスマホを持っているという。

 また、スマホでインターネットをする平均時間(平日1日あたり)は小学生63.3分、中学生118.3分、高校生157.7分。1日2時間以上利用する割合は小学生17.4%、中学生48.1%、高校生66.8%だった。青少年が“スマホ漬け”になっていることが浮き彫りとなっている。

この記事は有料記事です。

残り1826文字(全文2097文字)

北俊一

北俊一

野村総合研究所上席コンサルタント

1965年、横浜市生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修了。90年株式会社野村総合研究所入社。四半世紀にわたり、情報通信関連領域における調査・コンサルティング業務に従事。専門は、競争戦略、事業戦略、マーケティング戦略立案及び情報通信政策策定支援。総務省情報通信審議会専門委員。